私について





宇多田ヒカルさん  双極性感情障害でマンションから飛び降り自殺した母親 藤圭子の娘

優性遺伝した自身の闘病の日々から 此の芸術が生み出されている







涙が止まらないのです

その背景が理解できれば 彼女の歌はもっと多くの意味合いを持ち 精神障害に苦しむ方々を癒せると思います


長年の読者様はご存知かと思いますが 私は双極性感情障害患者でした

義母の連帯保証人となって会社を倒産させて自己破産 家族をどん底に落とし再起をかけて翻弄した日々

私は義母を許すことが出来ず 怒りの感情と恨みにより 精神に忌憚をきたしました

一生治らない不治の病だと精神科医は言う ならば如何やって家族を養える?


此の過去の地獄のような日々は ノンフィクション長編小説 ”B1病棟「” と ”C3病棟@” にて公開しております


試行錯誤の上で 病理的解明がなされていない精神病を 統計論上の対象療法で重篤な副作用を伴う薬物治療に疑念を抱いておりました

10年を費やして 現代精神療法の基礎となっている森田療法を応用して 新しい精神療法 「体験学的行動療法」 を構築
薬物に依存しない 現代社会の人達にも有効な精神療法が完成いたしました


娘は精神科医となり 私の病状と今後についてアドバイスをくれていましたが 病気の知識に於いて私を上回る事は出来ません


発病当初 私は「神の領域」 に触れてしまいました

この体験は正に神の領域である。
雨も上がり新緑は見事に太陽光を受けて光合成の呼吸を繰り返し、
雨は清水となり川から海へと光輝きながら流れる。
大地はゆっくりと自転し、空は益々大気と太陽光との乱反射で青く染まる。
そして遥か宇宙ではこの星も太陽の周りを公転し、また太陽も銀河系を周り、
そしてその銀河もまた宇宙の螺旋の中で動き続けるのを感じる。
宇宙の構成物質は何億年をかけて生命を生み出し、その遺伝子は進化を繰り返す。
恋人達は肌と粘膜をどうしようもなく擦り合わせたくて仕方がなく、
子供達は皆歓喜の笑顔を見せつける。
何という多幸感なんだろう。
神の視点で全てが現実に体験できるのだ。

B1病棟@より抜粋


其れは精神病ならではの極限の状態に於いて訪れた瞬間であり この時より私は完全に人生を転換させ 僕となるべく現実を歩んで行く事となりました


ただ その現実的行動は闘いの日々の中の戦士として生きる事を意味しており 家族を守る事さへ出来ない 何時命を落としてもおかしくない生き方の選択を迫られることでした

当然 家族からは病的だと非難され 思いとどまるよう説得と忠告をされましたが もう後戻りはできないのです

此れは私に課せられた使命であり 私が産まれて来た意味である筈だからです

家族や親さへも捨ててさへ 誰かの為に生きる 戦士となって正義を貫き通す
強調文
そんな正義感だけが客観的立証可能なる正義と呼べるものだと思います

闘争の日々が始まり 多くの方々が疲弊して滅んで行きました 精神的破綻により 法の裁きによりです

悪とみなすもの 社会悪な事柄 慎重に吟味して 何一つ間違いはないと確信したら 躊躇なく破壊いたします


私に与えられた能力は 瞬時にIQを格段にあげられること

その精神力は誰よりも強く 行動力と決断力は誰よりも早い


最愛成る愛犬サクラが昨年のバレンタインデーに逝ったプレゼントの意味

「戦士として存分に戦いなさい。 あなたの命はもう全部捧げても良いのですよ。」



今でも愛しています サクラ  あなたのお陰で まだ人間で居られます




今年度には法人を立ち上げます  社会的弱者の就労支援事業と 未来を見据えた革新的IT技術を駆使した事業展開を企画立案致します




ブレイントラスト・ネットワーク

*大儀 「笑顔の創造」 行動を通じた社会貢献 自己啓発(自分自身の無限大の可能性の実現)




社会貢献活動を通じて笑顔の創造を目指します

未来の夢を描いたのなら すぐさま行動に出るべきだと思っています


それは 全ての人達も含めた生きて行く健全なる手段であり 自身の唯一の幸せになる方法であり

未来の子供たちに残してゆく大人の責任だと思うのです






風 蘭






















ブログランキング・にほんブログ村へ





DSC_0509_convert_20161109131628.jpg

この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!